Youshinkai

HOME

理事長あいさつ 大道中央病院 リハビリ・介護 自宅を病床に 街の中に 医療法人陽心会 概要 会報誌
循環器 健康管理
内科 糖尿病内分泌センター
整形外科 栄養指導ラウンジ
検査施設 美容部門

対象疾患/虚血性心疾患、心不全、高血圧、不整脈
●最新の医療で迅速な対応
当循環器科は一刻を争う心臓病に対応するため新しい手法の「心臓カテーテル検査・治療法」を導入し、救急医療体制の強化を図りました。それにより、急性心筋梗塞、心不全などの急を要する心臓・血管系疾患にも最善の治療を行うことが可能となりました。またほとんどの心臓病への対応も可能となり、日帰りで心臓病の検査も行える画期的なシステムを実現しました。導入時から現在までの心臓カテーテル検査実施数は数千例を超えています。
心臓を養う冠動脈が矢印の部で狭窄しています。 風船療法と言われるPTCA(経皮的冠動脈形成術)・冠ステント留置を行っています。 約1時間でその狭窄が解除されました。この症例の患者さんは一泊二日で帰宅されました。
●心臓カテーテル検査
心臓カテーテル検査とは動脈、静脈に医療用の細い管を心臓の血管内部まで送り込み、血液の酸素含有量などを調べたり、先端から造影剤を注入して血管狭小の程度を把握する検査です。狭心症、心筋梗塞の心臓病がこの方法で診断可能となり、治療方針の決定にもつながります。これまで、心臓カテーテル検査はソケイ部(足の付け根)からカテーテルを穿刺する方法をとっていたため、負担がありましたが、それを手首からの穿刺方法に変えることによって、入院期間短縮による医療費軽減と苦痛の軽減をもたらしました。

副院長 
山本 明

私の在学していた帝京大学は私立のため、臨床にも重きを置いた大学です。第三次救急を担うため、臨床の権威を教授に配置しております。その第三内科における現場の責任者をつとめていた頃、一番実感したことは、「もう少し早く診断がついていれば・・・。」との思いでした。その思いを実践するため当循環器は心臓カテーテル検査を実施しております。その心臓カテーテル検査も上肢から処置する方法で日帰りなど入院期間短縮による費用抑制、検査後起きあがれること、重大合併症なしという安全性など患者さんの負担を大きく軽減しております。その結果重篤な心疾患の早期発見に貢献しております。又、一刻を争う心臓疾患に対し、迅速な対応を心掛けております。
大道中央病院TOP|循環器|内科整形外科検査施設健康管理糖尿病内分泌センター栄養指導ラウンジ美容部門
理事長あいさつ 大道中央病院リハビリ・介護自宅を病床に街の中に医療法人陽心会概要会報誌
医療法人 陽心会