Youshinkai

HOME

理事長あいさつ 大道中央病院 リハビリ・介護 自宅を病床に 街の中に 医療法人陽心会 概要 会報誌
循環器 健康管理
内科 糖尿病内分泌センター
整形外科 栄養指導ラウンジ
検査施設 美容部門

対象疾患/糖尿病・小児糖尿病・糖尿病合併症・高脂血症・生活習慣病・バセドウ病・橋本病・甲状腺機能低下症・脳下垂体疾患・副腎疾患・高血圧・その他ホルモン異常による疾患
●慢性疾患を急性化させない
わが国では、 腎不全による人工透析や中途失明者の第一の原因は、糖尿病です。当糖尿病内分泌センターは糖尿病を中心に甲状腺などのホルモン疾患などの専門的な診療を行います。 これらの病気は慢性的な病気であり、急に悪化する事は稀ですが、知らないうちに徐々に進行して体調を悪化させます。これらの病気は心臓や脳血管の急性に起こる病気を誘発し、患者さんの寿命や生活の質に影響します。当センターでは、早期診断と個々の患者さんに合った適切な治療を行うことにより、心臓や脳血管の病気の発症予防や、 糖尿病に特有な合併症(腎臓、眼、神経)の予防を行うように努めています。 甲状腺の病気は適切な診断や治療を怠れば、生活の質の低下ばかりでなく、心臓や骨粗鬆症を誘発します。当センターでは「慢性疾患を急性化させない」という理念の下に、日常診療を行っています。
●毎日専門外来を開いています
多くの医療施設では、専門外来診察日は限られています。 そのため多くの患者さんが特定の外来日に集中して、十分な診察を受けられていません。当糖尿病内分泌センターは毎日専門外来を開設しており、 患者さんの生活のペースに合わせた診療を行っています。管理栄養士による栄養指導は迅速に行うことが可能で、運動指導も器具を用いて、個々の患者さんに見合ったものを行っています。入院は教育入院(10日間)、血糖コントロール入院(2週間)など、期間を限定した入院治療と、内分泌疾患の確定診断のための短期入院(1週間)や合併症の集中治療入院などがあります。専門医が行うことにより可能な限り入院期間を短縮しています。心臓病は院内の専門医との協力体制を取っています。眼や腎臓については、近くの診療所の専門医と密接な連携をとっています。その他、一般診療所、大学病院、県立病院との連携も行っています。

糖尿病内分泌センター長・副院長
小宮 一郎

私は平成14年4月まで信州大学及び琉球大学医学部附属病院にて、主に糖尿病・内分泌疾患の患者さんの診療に当たってきました。患者さんの診察を通して得られた成果を内外に発表してきました。しかし、大学病院での診療では、個々の患者さんに十分な診察時間を取れず、患者さんの悩みなどを十分くみ上げることが出来ませんでした。そこで、ゆとりのある、より良い診療を行いたいと思い、陽心会大道中央病院内に糖尿病内分泌センターを開設した次第です。これからの医療は多くの患者さんを漫然と機械的に診察するのではなく、個々の診療の質を上げることが大切です。それには総合病院ではなく、我々のような専門病院が中心となって、周辺の診療所とも連携し、医療レベルの質的向上を図る必要があります。さらに、患者さん個々のデータを集積して、集団と個人との比較を通じての大局的な見地からの展望も必要と考えています。日々の診療を通じて得られたデータを解析し、当センターで加療している全患者の予後や生活の向上に繋がる情報を積極的内外に発信したいと願っています。当センターの使命は糖尿病などの診療を通じた沖縄の保健医療の向上であります。
大道中央病院TOP循環器内科整形外科検査施設健康管理|糖尿病内分泌センター|栄養指導ラウンジ美容部門
理事長あいさつ 大道中央病院リハビリ・介護自宅を病床に街の中に医療法人陽心会概要会報誌
医療法人 陽心会