Youshinkai

HOME

理事長あいさつ 大道中央病院 リハビリ・介護 自宅を病床に 街の中に 医療法人陽心会 概要 会報誌
大道中央リハビリテーション病院
やすらぎの里

対象疾患/脳血管障害、重症骨折などの整形外科的疾患、肺炎などの廃用症候群
4F回復リハビリ病棟
発症から6ヶ月間、在宅生活に必要な機能訓練を行います
衰えた体の機能をできるだけ早く回復させ、自宅に帰っても自立した生活ができるように、起きる・立つ・歩く・座るなど、日常の基本動作を中心としたリハビリテーションを、発症から最長9ヶ月間、集中して行います。日々固くなっていく筋肉を柔軟にするストレッチ運動、手工芸や物を使って日常にいかせる作業のトレーニング、コミュニケーションがスムーズに行えるよう言語発声の訓練、食べ物を飲み込むトレーニングなど、理学療法士、作業療法士、及び言語聴覚士が、病棟に入って、ていねいに指導します。また、病院基準としては、沖縄でも数少ない総合リハビリテーションA施設と言語聴覚療法IIの施設基準を取得しています。
●運動療法 ●作業療法 ●言語療法
5F介護療養型病棟
長期的療養が必要な方へ、医療・介護のサービスを行います
病状が安定期にあっても寝たきりの状況ではなく、できるだけ自立した生活と心身機能の回復を目指し、計画に基づいた医療・介護のサービスを行います。内科、整形などの治療やリハビリテーションなど、医療面、食事・入浴・排泄などの介護面を充実させ、24時間ひとり一人に合った親身な対応を行います。

院長 
赤嶺 弘

急性疾患は、亜急性期を経て慢性期あるいは治癒期にいたります。治癒期までの期間が短いほど回復が早いと言えます。若年者はその典型例ですが一般に中高年者はその回復期間が長く、老年者はこの時期のリハビリを逃すと寝たきり状態になる可能性が高くなります。当院では回復期(亜急性期)リハビリを専門的に施し、可及的速やかに自宅に戻り療養して頂くことを目標にしています。また、御家族の都合により自宅受け入れが困難な場合に備え、介護療養型病棟も用意しております。快適な入院生活で寝たきりを防ぎ、患者様の早期社会復帰のお役に立てますよう、私達は努力致しております。

リハビリ・介護TOP大道中央リハビリテーション病院--回復リハビリ病棟--介護療養型病棟やすらぎの里--やすらぎの里
理事長あいさつ大道中央病院リハビリ・介護自宅を病床に街の中に医療法人陽心会概要会報誌
医療法人 陽心会